【夏の強敵”紫外線”】対策・予防

 

紫外線とは、地球に降り注ぐ太陽光線の一種です。紫外線は日やけやシミの原因となるだけでなく、炎症を起こさせたり、肌の老化を加速させたりするので注意が必要です。

 

紫外線対策・予防方法

これからの季節女性の方は特に注意が必要です。
シミ・そばかすを一つも作りたくない、いつだって美白で綺麗でいたいのは女性の共通の願いです。

そんなあなたもこの記事を最後まで読んで紫外線を回避しましょう!

 

日焼け止めの選び方、塗り方

 

 

・選び方

日焼け止めは、スキンタイプ(紫外線に対する皮膚の抵抗力)、使用する場面、使用感など、自分に合ったものを選びましょう。日焼けすると赤くなるだけで褐色(かっしょく)にならないスキンタイプの方は、紫外線に対する抵抗力が弱いので、十分な紫外線対策が必要です。

日焼け止めには、A波に対する防御能を示すPAとB波に対する防御能を示すSPFの表示があります。PAは+~++++の4段階、SPFは最大50+まであり、+の数が多いほど、SPFの数値が高いほどダメージを防ぐことができます。

日常生活SPF20・PA+~++
外出や屋外SPF30~40・PA+++
日差しの強い中SPF50・PA++++
特に日差しの強い中、紫外線に弱い人はSPF50+・PA++++を私は推奨しています。

なお、PAやSPFが高ければ安心ではなく、段階よりも2~3時間おきに塗り直すことの方が紫外線対策として重要です。

・塗り方

 

 

製品に書かれた分量を、顔の各部位に少しずつのせて塗り広げます。シミが気になるところや日に当たりやすい頬などは多めに、耳や首まわりも忘れないように塗りましょう。私は目元、頬、額を念入りに塗っています。

また、BBクリームタイプを日焼け止めを兼ねて使用している方で、推奨量を使用すると白浮きする、ファンデーションが濃くなるという理由から少ない量を使用している場合があります。屋外や強い日差しの中での活動する場合は、BBクリームの前にしっかりと日焼け止めを使用することをおすすめします!

紫外線を浴びてしまったら

日焼けをして赤くなってしまったら、擦ったりしないように気を付けて、患部を冷やして炎症を抑え、その後はたっぷり保湿をしましょう。痛みがあったり、水ぶくれができた場合は早めに皮膚科で受診するようにしてください。
やはり病院で処方されるクリームは市販の物に比べ効き目も早く優秀なので。
日焼け後あるいはダメージ予防として、普段から抗酸化作用のあるビタミンA、C、Eを含んだ新鮮な野菜や果物を摂るようにするとよいでしょう。

「ビタミンC タケダ 300錠 [ビタミン剤]」の画像検索結果

私はこのビタミン剤を毎日欠かさず飲んでます。
コスパもよく、飲みやすいのですごくおすすめです♪

シミやシワを防ぐ

 

 

活性酸素を抑える働きを持つ抗酸化物質を積極的に摂るようにしましょう。

  • ビタミンC…キウイ、レモン、ブロッコリー、パプリカなど。
  • βカロテン…人参、モロヘイヤ、ほうれん草、かぼちゃなど。
  • ポリフェノール…コーヒーや緑茶、赤ワインなど。

絶対摂れない物ではないので少しずつでも摂取していきましょう。

 

最後に

 

夏場は肌の露出も多くなる季節です。
デコルテ、手、腕などもしっかり対策することで、紫外線知らずの綺麗な肌を守りましょう。
アスファルトは反射しやすいので外出時は歩く場所なども注意しておけば紫外線対策になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です